Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制執行の映像

京品ホテル 強制執行「帰れ、帰れ」
http://jp.youtube.com/watch?v=WMxrSOagnDY

京品ホテル 強制執行「暴力止めろよ」
http://jp.youtube.com/watch?v=W2MP2GLhzHY

京品ホテル 強制執行「生きる場所を守っているだけだ」
http://jp.youtube.com/watch?v=AzdOY248Src

京品ホテルに強制執行・ビデオプレス撮影
http://jp.youtube.com/watch?v=4GC0kTC30jU&feature=channel_page

1/25京品ホテル闘争@強制執行に敢然と闘う!(撮影=三塚日出男)
http://jp.youtube.com/watch?v=Kc-m-clrc90&feature=channel_page

1.25 京品ホテル争議 強制執行阻止闘争
http://jp.youtube.com/watch?v=9db8FzU6_V8&feature=related

1.25 京品ホテル争議 強制執行阻止闘争 2
http://jp.youtube.com/watch?v=NpciVSxbL38&feature=related

1.25 京品ホテル争議 強制執行阻止闘争 4
http://jp.youtube.com/watch?v=DErpW7TAf3A&feature=related
スポンサーサイト

自主運営とんかつ屋「七兵衛」ランチタイム

自主管理闘争開始から1か月の21日の昼、自主運営とんかつ屋「七兵衛」ランチメニューを味わってきました。

ランチにちょうどよいボリュームのロースかつ

東京ユニオンの本体は、いわゆる合同労組です。この京品ホテルを断固として自主運営し続けてきた京品ホテル支部は、京品ホテルの従業員で構成される支部ですが、東京ユニオン本体は、いわゆる正規雇用・非正規雇用を問わず、1人から加入できる労働組合なのです。
私的な話ながら、実は筆者も、東京ユニオンと友誼関係にある別の合同労組に所属し、そのご縁から、もちろんそれ以上に純粋にその正義に全面的に賛同するからこそ、ささやかながら支援をさせていただています。そしてこの日の午前中、京浜地区の悪辣な経営者と闘う団体交渉に臨み、不当不法な退職強要を徹底的に糾弾し、社長の謝罪をなんとか引き出してきたのですが、ぶっちゃけこの種の闘いはしんどいものです(>_<)。

そんな私たちに、自主運営のとんかつ。
「企業戦士」にとっての「しば漬け」みたいなもんですかね。(←古すぎ)

この日新調の垂れ幕も輝く自主運営中の京品ホテル自主営業中

京急に乗ってきて品川駅で下車すれば、その正面には堂々と鎮座まします京品ホテル。
新たに設置された緑色の垂れ幕も鮮やかです。

自主営業中のとんかつ屋「七兵衛」ランチタイム

前回のレポートは夕食でしたが今回は昼食。ランチタイムのピークが過ぎた時分に伺ったのですが、やはり店内はほぼ満席でした。

ロースかつ定食 850円ランチにちょうどよいボリュームのロースかつ

私はロースかつ定食850円をオーダー。前回の価格からして、ぇっ850円? とはじめびびってたじろぎましたが、ほどなくして出てきたかつを見ていろいろナットク。肉は薄めであります。
しかし前回のレポートどおり、七兵衛のかつは揚げがしっかりしているので、ランチに食べる量としてはむしろこれがベスト!! 全体としてほどよい脂を、胃ももたれることなく、しっかり味わうことができました。肉の厚みにかかわらず、いつでも衣の揚がり具合にまったくムラがないのがさすがであります。

ひれかつ&海老フライ定食 950円

別の支援者はひれかつ&海老フライ定食950円。もちろん大満足だったようですよ♪

自主運営日本料理屋「さが野」に自腹で突撃してみました

小林社長とリーマンブラザーズが勝手に設定した「明け渡し期限」前日、すなわち緊張感高まる中、自主運営中の日本料理屋「さが野」に、自腹で突撃してみました。
自主運営日本料理屋「さが野」
これまで居酒屋「いの字」とんかつ屋「七兵衛」とめぐってきたこのレポート、ついに「さが野」で完結編なのですが、こちらを完結編にしたのには理由があります。それは、ここがちょっぴり高級店だということです。いや、入社3年目で年収3000万円のリーマンブラザーズ従業員(なぜそんな給料がもらえるのだろう…)には高級店ではないのかもしれませんが、私たち支援者にとっては高級店、いや超高級店という主観的判断のお店なのです(^o^;;;)
「さが野」店内
店内に入ると、やはりこう、ちょっと高級な感じがしてきます。
たくさんあるテーブルは半分ほど埋まり、まずまずの盛況。過半数はノンジャパニーズと見受けられ、こちらも「いの字」同様、他のホテルの宿泊客、とりわけ日本的歓待に利用されているとの印象です。
中生800円(☆o☆)
さっそくオーダー。まずは中生を頼みますがなんと800円(^o^;;;;;)。
当然お料理もそれに見合った価格設定なわけですが…
筆者と、「七兵衛」で一緒に食べた支援者はすき焼4500円!をオーダー。ある意味、筆者らが半日では稼げないレベルのオーダーをしてしまったわけですが、このための覚悟を前日からがっちりと打ち固めてきたので大丈夫です!(←大げさ)
すき焼鍋に牛脂
まずはすき焼鍋に牛脂。お付きの女性が菜箸でさらさらっと脂をまわしていきます。
そして…
1人前4500円のお肉(☆o☆)
にくーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっヾ(≧∇≦*)ゝ
というわけでこれが1人前4500円の国産牛2人前。サシもほどよく見事に入っております!!
じゅーーーーーっとsizzling
割下とともに炒められ、ぐつぐつとまさにイイ!感じのすき焼。いただきまーす!!
こりゃウマーい(^◇^)
すき焼としては厚めの肉ですが(いや、もしかしたら筆者の知識不足で、普段薄い肉でしか食べていないだけかもしれませんが)、肉のうまみ脂味と割下が合う合う!(^◇^) 煮え具合もちょうどよく、やわらかジューシーに味わえましたよ!
支援者ともども「こんなおいしいすき焼はじめて!」ということで、4500円分の価値のある体験を十二分に堪能。
この上に6000円の「特上」もありますが、4500円でここまでのお味なら6000円はどうなっちゃうんだろう(@_@)と目を回す私たちなのでした。
天ぷら盛り合わせもゴーカ
もう1人の支援者は天ぷら盛り合わせ1800円をオーダー。さすが正真正銘の日本料理店、非常にきれいな仕上がりです。もちろん塩でなくて天つゆでいただくものですぞぉ('-^*)

というわけでみなさん。金銭的には高級感ありますが、ぜひ1度はこの高級感をあじわってみてください(^_^)/~ (いずみ)

自主運営とんかつ屋「七兵衛」に自腹で突撃してみました

会社側の攻撃のはざまとも言える昨晩、自主運営中のとんかつ屋「七兵衛」に、自腹で突撃してみました。
自主運営中のとんかつ屋七兵衛
自主運営中のとんかつ屋七兵衛
自主運営の支援者たるもの、(ry
という前口上は以下同文(^^;;)、前回「いの字」レポートが『呑み』だったのに対し今回は『食べ』。別争議で奮闘し昼食を抜いてしまった支援者と、昼食を食べようが何しようが常にたくさん食べる筆者(@_@)とで、とんかつ屋さんでのがっつり肉食プレイを試みた次第です。
当店は、労働組合が責任を持って自主運営をしています。
お客さんへの自主営業のご挨拶もしっかり貼られています。
七兵衛店内
前回の「いの字」に負けず劣らず盛況の「七兵衛」。若いお客さんの姿も多めのようです。
焼酎ロックとお通し
『食べ』などといいつつとりあえずお酒(^o^;;)。アルコールにはお通しがつきますが、シャキシャキ感がしっかり残るのにほどよい甘さで煮付けられた昆布がまたとてもおいしいです。

そしてオーダーから9分後、アツアツの3品が運ばれてきましたよ!(^◇^)
メンチカツ
メンチカツ単品650円。市販の2倍以上の大きさ!(☆o☆)
衣は最近流行のやたら軽い感じではなく、しっかり歯ごたえの中に軽さもあるといったもの。メンチは挽肉の割合が多く、肉そのものの味を濃厚にあじわえます。
カキフライ
支援者のオーダーしたカキフライ定食1480円(これにご飯・味噌汁・お新香がつきます)。1粒おすそ分けいただきましたが、かなり大粒のカキは身もぎっしり、やはり身の味がしっかり味わえました。
チーズヒレカツ
筆者のオーダーはチーズヒレカツ定食1800円。いわゆる棒ヒレカツの中にアツアツトロトロのチーズ、大変によく合い美味でした。
チーズとろ~り
なお定食のご飯・味噌汁・キャベツはすべてお替わり放題ですが、2人でこのオーダーはかなりのボリュームでおなかいっぱいになってしまい、どれもお替わりすることができませんでした(^^;;)

お値段はありがちなチェーン店に比べてやや高めの設定ですが、しかし大きさも風味もたっぷり、揚げもしっかりで、その分以上の満足感&満腹感です(^▽^)。
これもやはりお客さんたくさんに十二分にナットクです!!

闘いにはエネルギーが必要です。そして闘いは、もちろん今の京品ホテルの従業員のみなさんのそれがシビアに闘われていますが、しかしご来店のお客さんも、みなさんそれぞれの空間で、いろいろな現実と闘ってらっしゃるのではないかと思います。そんなみなさんが、闘いのエネルギーで揚げられ続けているカツを食べて闘う。これもまた、ひとつの連帯のカタチかなー、なんて大げさに考えるまでもなく大変おいしいので、ぜひみなさんもお越しいただきお召し上がりくださいませ(^^)/~ (いずみ)

自主運営居酒屋「いの字」に自腹で突撃してみました

会社側の攻撃のはざまとも言える昨晩、自主運営中の居酒屋「いの字」に、自腹で突撃してみました。
自主運営中のいの字店頭
自主運営中のいの字店頭
自主運営の支援者たるもの、肝心の自主運営を「支援する」というある意味一方的見方からのみ支援blogを記述することは許されません! もちろんその「一方的」とは、小林社長のような人物の立場に立っていないということではまったくなく、「お客さん」という消費者の立場に立ってその自主運営を検証することです。つまり、自分のフトコロを痛めつつ、それ以上の満足を客として得られるのかどうか、ということであり、もう少し有体に言えばおいしいかということです。
カウンターに案内されました
席についてびっくり。カウンターにこそ空席がありますが、フロアはまったくの満席!(☆_☆)
フロアはガチで満席
そのカウンターに座って、まずは黒生中578円でかむぱ~い♪
黒生ビール中 578円
ふと目の前を見ると、料理を作る板長の金本さん(^O^)。東京ユニオン京品支部長として大活躍&ご苦労なさっておられる金本さんですが、やはり板についた身のこなしです(^_^)
カウンター越しの金本正道板長&東京ユニオン京品支部長
そうこうしてるうちに料理がやってきました。
小アジ唐揚
牛すじと白菜ベーコン巻の旨煮 819円
アジは衣のつきも絶妙で、カラッと揚がりまるごとさくさくいただけます(^_^)
そして、「牛すじと白菜ベーコン巻の旨煮」819円は、そのネーミングから何が出てくるのかにゃー(?_?)と期待してオーダーしてみたのですが、しろうとにはあまりイメージしにくい3素材が、単独でよし、混ぜてよしのすばらしい料理にまとめ上げられていてカンゲキであります。
久米仙ロック 650円
料理がおいしければお酒もすすみます。ついつい2杯頼んでしまった久米仙ロック650円は、なみなみとみたされていて濃厚に長くたのしめたのでした(^^)
明太ポテトピザ 735円
後からやってきた知人が頼んだ明太ポテトピザを1切れおすそわけしてもらって〆。ピザ類も豊富で、焼き加減もちょうどよく、大満足の酒宴となったのでした。
途中からカウンター含めて完全満席になる繁盛振り「いの字」には、このホテルの宿泊客だけでなく、近隣の住民や会社帰り、他のホテルの宿泊客などから幅広く愛されてきたそうです。
それも当然のお味とリーズナブルな価格を今回しっかりと堪能できましたが、「廃業」と会社側が「公言」しているお店に来てくださるお客さん、そういうお客さんに安心安全の空間と食を自主営業で断固提供し切っている従業員のみなさん、そういう諸々も含めて味わわせていただいた夜でした。ありがとう、そしてともに闘うぞ♪ (いずみ)

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

京品ホテル闘争

Author:京品ホテル闘争
100日間続いた東京ユニオン京品支部による自主管理・自主運営は機動隊により強制排除されましたが、経営側による一方的&不当な閉鎖・解雇を許さず、労組は闘いつづけます。そして自主運営の経験は、これからの労働運動に必ずや活かされます。

存続署名用紙

京品ホテルの存続を求める署名
ぜひともみなさん、ご協力をおねがいします!

激励・情報

激励・情報をメールでお寄せください!
keihinhotel(at)uguisu.club.ne.jp
((at)を半角の@に置き換えてください)

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。