Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のトラックバック

[T8] 派遣社員はモノじゃない! 2000人の叫びが日比谷の夜空に響いた日。

4日に開催した派遣法抜本改正を求める日比谷野音集会には約2000人の仲間が集まりました。 12月16日に、解雇と同時に退寮を通告されている派遣労...
トラックバックURL
http://keihinhotel.blog49.fc2.com/tb.php/22-30d22207
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

11/21「リーマンに負けず働き続けよう! 廃業・解雇反対、自主営業30日集会」

署名20,000筆突破、カンパ131万円(うちホテル前で54万円)。
LCホテルズの売買契約破棄により、闘いは新たな局面に入った。


21日夜、京品ホテル屋上にて、「リーマンに負けず働き続けよう! 廃業・解雇反対、自主営業30日集会」が開催されました。
寒気の中130人が集まり、今後のさらなる闘いへの決意を打ち固めることができました。

熱気あふれる京品ホテル屋上団結がんばろう!

まったくもって不当な「廃業・解雇」への対抗としてはじめられた自主運営も早1か月。地域住民・全国のなかまからの支援も、正直、私たちの想像以上にひろがってきました。

集会の司会は東京ユニオンの島崎書記長

東京ユニオン島崎書記長の司会で18時より開始された集会は、夏季にはビアガーデンとなるホテル屋上で、カラオケセットをPAとして、ほのぼのと行われました。

佐高信さん保坂展人社民党衆院議員

まずはゲストとして、全国ユニオン(東京ユニオンの上部組合)安部事務局長、評論家の佐高信さん、保坂展人社民党衆議院議員、連合の小島総合政策局長からの挨拶がありました。
安部さんは、今回の解雇の直接の「理由」とされてきた「このホテルをまっさらにしてLCホテルズという会社に売却しなければならない」に登場する、リーマンブラザーズの隠れ蓑たるペーパーカンパニー、LCホテルズが「京品実業との売買契約を解除した」という衝撃の報告を受け、「支部メンバーの闘う決意は日々強まっている」とアピール。
佐高さんは「この、職場の組合管理こそが、社会の原点たるべきです。そのことがこの闘いで明らかとなってきたからこそ、全国から多くの共感を呼んでいるのです」と熱いメッセージ。
保坂さんは「破綻したアメリカ経済を手本とするのか、そうでないのかの分岐点。紙切れ1枚で職場を閉鎖し解雇するような、人間を人間扱いしないことへの反感がたくさんあるということです」と分析。
小島さんは「自主営業が立派に続いていることは、それだけみなさんの支えがあるということです。連合でもこの営業を支援していきます」との賛意を表しました。

東京ユニオン渡辺委員長

全日建連帯ユニオン、東京管理職ユニオン、下町ユニオン、派遣ユニオン(KDDIエボルバユニオン)、全労金からの連帯アピールを受けた後、東京ユニオン渡辺委員長から今後の方針と決意表明が行われました。
渡辺委員長からは、「LCホテルズの契約破棄は、5月14日に突如通告された『売買契約が成立したから閉鎖・解雇』という前提が崩れたということです。雇用継続・経営再建以外に道がないということです。私たちは絶対に退きません!」と力強いアピール。

東京ユニオン渡辺委員長

アピールの後、なのはなユニオンの仲間による歌唱コーナー。
今後、会社側からの不当な立ち退き仮処分をめぐる攻防など、闘いが前進すればするほど、立ちはだかるものも増えてきます。私たちは徹底的にこの自主運営を貫徹していくべく、あらゆる闘いの局面を想定しなければなりませんが、その場合によっては「歌唱が重要である」との提起が渡辺委員長より為され、まさにそれを受けた形で「We Shall Overcome」(アメリカ公民権運動をはじめ、世界中の闘うなかまが唄ってきた曲です)を参加者一同で合唱しました。

団結がんばろう!

最後に団結がんばろう!、そして集会後は署名集めの支援。

ホテル前では巨万の署名

ホテル前での署名は、開始時とは比べ物にならないほど、次々とみなさんがしてくださいます。
まさに集会での数々のアピールにあったとおり、「闘いへの共感が広がっている」のです。
スポンサーサイト

1件のトラックバック

[T8] 派遣社員はモノじゃない! 2000人の叫びが日比谷の夜空に響いた日。

4日に開催した派遣法抜本改正を求める日比谷野音集会には約2000人の仲間が集まりました。 12月16日に、解雇と同時に退寮を通告されている派遣労...
トラックバックURL
http://keihinhotel.blog49.fc2.com/tb.php/22-30d22207
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

京品ホテル闘争

Author:京品ホテル闘争
100日間続いた東京ユニオン京品支部による自主管理・自主運営は機動隊により強制排除されましたが、経営側による一方的&不当な閉鎖・解雇を許さず、労組は闘いつづけます。そして自主運営の経験は、これからの労働運動に必ずや活かされます。

存続署名用紙

京品ホテルの存続を求める署名
ぜひともみなさん、ご協力をおねがいします!

激励・情報

激励・情報をメールでお寄せください!
keihinhotel(at)uguisu.club.ne.jp
((at)を半角の@に置き換えてください)

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。